ナース美奈子のひとりごと

美容医療の最新情報&日々の出来事を書いてます。

マスク熱中症と新型コロナの軽度の症状は似ている!病院は受け入れてくれるのか?予防と対策

こんにちは、ナース美奈子です(*^▽^*)

暑い日が続いてますが、体調崩していませんか?

大阪は今日も暑いです( ̄▽ ̄;)!!

マスクをつけている事でさらに暑い(-_-;)

緊急事態宣言が解除されても

コロナ感染対策の中、マスク着用の期間は続きます。

これから、梅雨入りに入っていき

気温も湿度も高くなってマスクの装着による

熱中症も増えてきます。

熱中症の対策をしないと、

知らず知らずに重症化することもあります。

熱中症の症状は、

コロナウイルスの症状と似てますので、

病院での受け入れも難しくなってきますΣ( ̄ε ̄;|||・・・

熱中症は予防できますので、

是非参考にして下さい(*^▽^*)

マスクによる熱中症は何故起こる?

f:id:nurse_minako:20200606105449j:plain

今年は、コロナの影響で過ごしやすい春が

感じることが無く過ぎてしまった気がします(。>0<。)

いつもなら、春になったら花見など外に出かける方も

外出自粛が続き、家に居ることで

汗もかくことも無く、運動不足になっています。

6月には梅雨入り、さらに暑くなってくる季節。

 

体が暑さに慣れていない上、

運動不足により筋肉量が減っていますので

脱水になりやすい状態になっています。

感染予防のためマスク装着が余儀なくされ、

マスクを通して呼吸をすることで、

さらに多くのエネルギーを使います。

マスクの着用は、体内に熱がこもりやすくなり、

マスク内の湿度が上がることで、

喉の渇きに気づきづらくなり、知らないうちに脱水が進み、

さらに熱中症へのリスクが高まります。

<まとめ>

①体に熱がこもりやすい。

②のどの渇きが気づきにくい。

③暑さ慣れをしていない。

④運動不足により筋肉量が減っている。

※今年はマスクによる熱中症が増えそうです。

熱中症の症状と対策

<軽度・症状>

めまい・立ちくらみ・ほてり・こむら返り

汗を拭いても拭いても出てくる

などが起こってきます

 <対策>

水分の補給して下さい。

汗が拭いても拭いても出てくるなどの時は、

塩分の補給も必要になってきます。

汗を大量にかくと汗に含まれるナトリウム濃度が上昇して、

ナトリウムが急激に失われます。

この時、水だけを飲んでいると低ナトリウム血症を生じて、

筋肉が収縮しやすくなり、

けいれんすることもあります(熱けいれん)。

<中度・症状>

頭がガンガン、ズキンズキンする

吐き気がする・吐いてしまう

身体が怠い。

暑い所にいるにも関わらず全く汗をかかなくなる

<対策>

足を高くして休みましょう

水分・塩分を補給しましょう

自分で水分・塩分を取れないときは、

すぐに病院を受診して下さい。

※皮膚の血管が拡張して血圧が低下すると

脳にまわる血流が減少して、めまい、失神、

頭痛、嘔吐等の症状を来たします(熱失神)

<重度・症状>

まっすぐにあるけない・走れない

呼びかけに対し返事がおかしい

身体に触れると熱い

身体がけいれんする。

意識が無い

<対策>

●身近な人で熱中症が疑われる場合→

救急車を要請しすぐに病院を受診

●救急車が来るまでに出来る事→

服やズボンなど締め付けている場合は緩める。

首、脇の下、足の付け根などを水や氷で冷やす。

冷えたペットボトルの飲み物を代用しても良いです。 

暑さを我慢して無理することでどうなる?

熱中症の症状は上記に書かせていただきましたが、

これくらい大丈夫と思っている方が

急に重症化されることが多いです。

特に中高年及び高齢者の方は注意が必要です。

 

中高年の方は、仕事に真面目な方が多いです

暑くても我慢したり、少しぐらいしんどくても

休むことはせず、仕事に行かれる方が殆どです。

 

仕事の内容にもよりますが、

暑くても休憩も取る事も水分を取る事も

中々出来ない方もいます。

我慢したり、無理することによって

生産性や業務の質の低下、事故等を招いたり

仕事の効率が低下したりしますので

仕事のミスにつながったりします。

やがて、

脱水も加わり臓器への血流の悪い状態が続くと、

筋肉、消化管、肝臓、腎臓、脳等の機能が低下します。

 

そして、暑さを我慢しながら仕事に集中していると、

いつのまにか体温が上昇してしまい、

ついに正常な判断ができなくなり、

脳卒中のような突然の意識消失を招くことになる方がいます。

 

このような病態は個人差が大きく関わってきます。

特に暑さに慣れていない人、

50歳代以上の人、皮下脂肪が多めの人、

もともと心臓、脳、腎臓、甲状腺等に持病のある人、

そして発熱や下痢等の症状のある人は、要注意です。

また、高齢者の方は

暑くてもクーラーを嫌う人が多く、

水分も中々取らない方が増えてます。

暑い中クーラーもつけずにいることで、

体内で熱が上昇し、倒れた時には、意識不明。

熱中症で運ばれる高齢者は毎年凄い人数です。

中症の予防

f:id:nurse_minako:20200606105558j:plain

●休憩を増やす。

●室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じる前に、

こまめに水分を補給しましょう。

●大量に発汗する状況では、経口補水液など塩分も補給しましょう

※塩分補給の場合、注意が必要!

高血圧・腎臓の機能の悪い人の経口補水液の

過剰摂取は禁忌ですので、医師の指示が必要です。

●外出時、周りに人が居ないことを確認して、

涼しい所でマスクを外して冷たい空気を吸う。

(暑さを避けて過ごしましょう)

●日ごろから体力をつけましょう

●運動不足の方は急激に運動をしない

●できるだけ風通しの良い日陰など

涼しい場所で過ごしましょう

●クーラーも早めに点検し使える状態を確認し、

我慢せず使うようにしましょう。

●寝不足をしない

●3食しっかり食べる

 

※ウイルス感染に関しても、熱中症予防に関しても

鼻から肺までの空気の通り道である気道の粘膜が、

ある程度潤っていることが必要ですので

普段からこまめに水分を補給することが大切です(*^▽^*)

 

※熱中症になりかけている時そのまま放っておくと

軽症から重症になってしまいますので、早め早めに

予防や対策をして下さい。

マスク熱中症と新型コロナの軽度の症状は似ている!

熱中症の軽度症状には

発熱がある、だるい、頭痛があるといった症状は、

新型コロナ感染症と軽度の症状に似ています。

 

毎年、熱中症で運ばれる患者さんは、

6月位から増え初め、7月~8月頃がピークになります。

徐々に人数は減ってきますが10月頃まで続きます。

今年はそれに加えてコロナ感染症予防の為に

マスクの装着をしないといけないので

マスクによる熱中症がさらに増える傾向です。

病院は受け入れてくれるのか?

今までは熱中症で運ばれてくる患者さんは

普通に病院で受け入れられ、早めに処置がされ、

助かる方が多いですが

今年は、「マスクによる熱中症」で、

運ばれてくる患者さんが早くから増えそうです。

しかし、

第2波のコロナ感染症が発生すると

コロナ感染症と軽度熱中症は症状だけでは

診断がつきにくいため

どこの病院でも中々受け入れてもらえないです。

コロナ陽性と診断されれば、

指定病院での治療は受け付けてくれますが

マスク熱中症は症状だけで判断すると

コロナの症状に似ているので、

すぐに受け入れてくれる病院は少ないと思います。

中病院でもコロナ疑いの患者さんは、

PCR検査が出来るようになりましたが

PCR検査の結果にはまだ時間がかかります。

直ぐに結果が出るPCR検査があれば

病院は受け入れてくれますが

今はまだ難しいですね(-_-;) 

熱中症は自分で予防できます。

熱中症になる環境や生活を避けていれば、

同じ症状になった場合、

熱中症ではなく新型コロナ感染症の可能性を

早期に疑うことにつながる ので、

まずは熱中症にならないように予防をして下さいね

暑いので色々な種類の冷感マスクも販売されるように

なってきましたね(^▽^)/

それでも、喉が渇く前に水分を取ってください。

 

最近は医療用サージカルマスク(不織布マスク)も

少し増えて来ました。(#^^#)

コロナウイルスを予防し暑さ対策には

下記のようなフェイルターは良いですね。

※しかし↓ウイルスは通します(◎_◎;)

 

【予約販売】冷感マスクフィルター 3枚セット シルク ひんやり 接触冷感 夏用 涼しい 冷感 夏 洗える 肌荒れ マスク フィルター シート 日本製 銀 抗菌 夏用マスク 冷感マスク

楽天市場

Amazon

Yahooショッピング

 

※不織布マスクを洗って使っている方は

コロナウィルス予防には顔に接する面は、

冷感フィルターを使用して外側には

不織布ガーゼで対応してほしいです。

(不織布マスク→不織布ガーゼ→フィルターの順)

 

医療用サージカルマスクが手に入り、

マスクを洗わなくて済むのなら、

不織布ガーゼは必要ないですよ(*^▽^*) 

 

最近は不織布マスク(使い捨て)が安く、

手に入るようになりましたね(#^^#)

中には粗悪品の使い捨てマスクが出回っていますので

注意してくださいね。

 

www.nurse-minako777.com

 

www.nurse-minako777.com

まとめ

6月は湿度と気温が高くなるので、

少しでも涼しく過ごせる冷感マスクなどの使用や

家の中ではクーラーの使用をして

熱中症には気を付けてくださいね。

感染のリスクが高くなります。(◎_◎;)

これから暑くなるのでマスクをしなくなる人が

増えるのでは?と心配になります。 

コロナウイルスはまだまだ市中にいます。

油断は禁物です。

マスクと手洗いは引き続きして下さいね。

 

<余談>

美奈子のブログを読んで頂きありがとうございます。

一旦ブログを書かなくなると書くまでに

時間がかかりますね(-_-;)

少しでも時間を作って書くように頑張ります(#^^#)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(*^▽^*)

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


ひとりごとランキング

 

日本ブログ村と人気ランキングにも参加しています

良かったら応援してください(#^^#) 

 

nurse-minako.com

 ↑美容ブログも書いてます。良かったら応援してください(#^^#) 

 

スポンサーリンク