ナース美奈子のひとりごと

美容医療の最新情報&日々の出来事を書いてます。

ナースは足がつりやすい。夜間に足がつる原因、足がつるのは病気の可能性もあり

こんにちは、ナース美奈子です(*^▽^*)

最近、仕事から帰って夕飯を食べた後

少し横になったら寝てしまう事が多いです。

寝ている時にふと伸びをした瞬間に

足(ふくらはぎ)がつります(-_-;) 

めちゃめちゃ痛くて一気に目が覚めます。

以前は良く夜勤明けで寝ている時が

多かったのですが、

最近は日勤で帰ってからも増えてきました。

理由は解っているのに・・・

ナースなのに恥ずかしい。

((((_ _|||))))ドヨーン

足がつるのは何故?

f:id:nurse_minako:20190814050203j:plain

主な原因は3つ

●冷え

●疲労や運動不足

●脱水、電解質異常

他にも原因はあります

偏った食事や、栄養不足などが原因で、起こる場合もあります。

簡単に言うと

日常生活の疲れが積み重なると起こります。

また、冷えによる血行不良。

大量の汗をかいた時、下痢や嘔吐(おうと)の後に、

ミネラルバランスが崩れ、筋肉が急に収縮してけいれん

をおこして足がつります。

 

美奈子の場合は、疲労と脱水です(-_-;)

足がつらないようにする予防策

●冷え

ふくらはぎを冷やさないように靴下をつけたり、足を温める。

夏も寝間着のボトムスは長ズボンにする。

●疲労や運動不足

風呂でじっくり温めれば、疲れた筋肉をときほぐせます。

入浴剤を使えば、温浴効果が高まります。

疲れた足は風呂あがりで、体がリラックスしている時

マッサージをしてほぐしてあげる

普段から適度な運動とストレッチ体操をする

●脱水、電解質異常

汗を大量にかく夏場は、ミネラルが含まれている

水分をこまめに補給する。

夜、寝る前に、お茶やアルコールではなく、

1杯の水を飲むようにするのがおすすめです。

人の体は睡眠中に大量の汗をかきますから、

その水分を補うことにもつながります。

 

バランスのよい食事と水分補給。

足がつる原因の多くはミネラル不足なので、

ミネラルを多く含む食材をメニューに取り入れる。

マグネシウムを多く含む大豆製品、魚介類、海藻、ナッツ類。

カルシウムを含む牛乳、小魚、チーズ。

カルシウムやカリウムを含む緑黄色野菜など

をバランスよくとるように(*^-^*)

ナースのお仕事は夏に足がつりやすい

ナースのお仕事は立ちっぱなしなので

足がつる人が多いです。 ∑( ̄Д ̄;)

 

病院内はクーラーで涼しいです。

美奈子が今働いている所は、

急性期の外科病棟なので、ずーと動き回ってますので

ナースステーションはさらに快適な温度設定に

なっています。

しかし

高齢の入院患者さんは寒がりの人が多く、

クーラーを嫌がる人が多いです。

(;´゚∀゚`)タラー・・

 

個室などは患者さん自身が

クーラーの温度設定が出来ますので、

設定温度を28度にしていたり、

クーラーを消していたり ∑(゚◇゚;) 

部屋に入った瞬間、

暑っ!

検温だけでも汗が流れ出てきます。

・・´´(;´ρ`A)アチィ・・・

 

部屋が暑い上、

毎日数人の患者さんのお風呂や

身体を拭いたりするので

汗が尋常でない程出ますΣ(・口・)

白衣は汗でびっしょり

クーラーの効いたナースステーションで

さらに濡れた白衣は冷たくなり

また患者さんの所で汗の繰り返し

 

水分補給・・・っと思っても

忙しすぎて中々取れない

夏は身体がおかしくなってくる。

プチ熱中症になってる可能性が・・・

( ̄□||||!!

最近、仕事終わって家に帰ったら

身体がしんどくて少しでも横になったら

瞬きと共に寝てしまう事が多く

足(ふくらはぎ)がつって目が覚める。

なんて悪循環。

Σ( ̄ε ̄;|||・・・

夜間、足がつる方も多いと思うので

少し真面目に書きますね(#^^#)

睡眠中に足がつる原因と症状

f:id:nurse_minako:20190613123553j:plain

睡眠中に足がつりやすいのは、

足の甲とすねが一直線になる状態が長時間続き、

感覚器官の働きが鈍くなるからと言われています。

<症状>

睡眠中に突然、強い痛みをともなったふくらはぎの収縮と

筋肉のこわばりにより、動かせなくなります。

つる場所は、ふくらはぎに限らず、

足の側面や指、腱の付近などにもみられます。

加齢によって足がつる 

運動をしている方も、運動をしていない方にも起こります。

加齢にともなう足の筋肉量の減少や、

動脈硬化による血行不良などの原因もあります。

足の筋肉は伸縮することで、ポンプのように血液を

循環させる働きをしています。

定期的な運動をしていないと、

筋肉量は20歳代を100とした場合、

30歳代、40歳代・・と進むにつれ、

目安として約10%ずつ低下すると言われています

(60歳代以上では約60%)

(_△_;ガァーーーン!!


足の筋肉量が減少すると、下半身の血液の流れが低下し、

ミネラルやビタミンなどの栄養分の補給もうまくいかなくなり、

その結果、運動をしていなくても、

日常活動(仕事、家事、外出など)による

筋肉疲労が蓄積しやすくなります。

足がつったらどうする?

f:id:nurse_minako:20190620231139j:plain

急に足がつったらあわてて筋肉を伸ばそうとしがちです。

すると筋繊維の断裂が生じ、

翌日まで違和感が残ることがあります。

ひどい場合には肉離れを起こすので、

筋肉を伸ばすときは慌てずゆっくり伸ばしてください。

つった個所(ふくらはぎなど)の

筋肉をゆっくり伸ばすことで、痛みが少しずつ解消されます。

病気が原因で、足がつることもある。

糖尿病や脊椎間狭窄症、閉塞性動脈硬化症、

椎間板ヘルニア、腎疾患、脳梗塞など

特に糖尿病は足がつる事が多いです。

血糖値が高い状態が続いた結果、

電解質バランスが乱れておこる事が多いです。

 

病気が原因の場合、足がつるだけではなく

他にも症状が出ます。

糖尿病の場合、ノドの渇いたり、手足のしびれなど

脊柱管狭窄症、閉塞性動脈硬化症の場合、

休みながらでないと歩けないなどの歩行障害

椎間板ヘルニアの場合、腰痛も伴う

脳梗塞の場合、片方の手足の麻痺・言葉のもつれなど

腎疾患の場合、むくみなど

これらは検査で解るので、気になる方は

早めの受診をして下さいね(#^^#)

まとめ

足がつったとしても数分で治まることが多いので

慌てず対処してください。

でもこの数分間がめちゃめちゃ痛い

:・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・

 

今年の夏は特に暑いです。

水分補給はこまめに取らないといけないのに

ナースは中々取れないので反省。

自分が病気になっては患者さんを見れないので

体調管理だけは気を付けてますが

夏はなかなか難しい。

みなさんはこまめに取ってくださいね(#^^#)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(*^▽^*)

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村


ひとりごとランキング

 

日本ブログ村と人気ランキングにも参加しています

良かったら応援してください(#^^#) 

 

nurse-minako.com

 ↑美容ブログも書いてます。良かったら応援してください(#^^#) 

スポンサーリンク